株式会社 昭和テック
 
ホーム 組織概要 サービス お問合せ
ホーム 組織概要 お問合せ
サービス
サービス
 
サービス

情報機器 情報保護管理業務 とは?

   

企業、官公庁、病院、教育機関むけサービス

マイナンバー等個人情報取り扱いの             機器は弊社におまかせください

概要:情報保護法、特許データ流出に関して
企業、施設等でご利用の情報機器の廃棄、下取に際し
情報漏えい防止と合わせ法令順守を重要と考慮されるお客様のお手伝いをさせていただきます。

※本業務は廃掃法とリサイクル法の2法を順守し行います。よって、マニフェストは発行されますが、廃棄物の排出量からは削減される内容となります。


対象情報関連機器

.灰鵐團紂璽拭偲

表示装置等

6般獲僖廛螢鵐拭次∧9腟 ∧写機等

ぐ緡典ヾ鐇御関連PC等

ゼУぅ瓮妊ア等

ε渡探 ■藤腺愿


作業内容

ゝヾ錣硫叱、打ち合わせ
(回収機器の数量の把握、契約等)

機器の回収(数量等の再確認作業を含める)

リサイクルセンターは運搬、搬入

ぅ螢汽ぅルセンター作業管理(情報保護)
 内容:手作業による機器解体、         情報管理部位のパーツの破壊

ナ鷙霆颪虜鄒(マニフェストを含む報告書)

※大手PCメーカーリサイクルセンター様の御協力のもと業務を行っております。お客様からお預かりの管理品がリサイクルセンター内で他者からの搬入機器と混在しないよう管理されてゆきます。


サービス

27年度改正フロン法 関連業務(フロン回収) 

   

ISO取得企業、官公庁、病院、教育機、研究機関向け サービス

概要:弊社業務
フロン回収破壊法にもとづき特定フロン類使用機器の廃棄及び廃棄下取りの際にフロンを回収するお手伝いに加え

改正後は、機器所有者様向けに改正の違いの御説明会や     機器の点検業務はもちろん、点検後のサポートも確実に行いますので煩雑な機器整備記録簿の作成及び管理業務も支援いたします。

概要:機器所有者

お客様の責務:フロン回収実施者は、フロン回収工程管理票を発行しフロンの回収を行わなければならない。その書類は3年間保管の義務を負う

改正後は、機器ごとに整備記録簿を備え、機器の点検業務、漏洩等の管理、漏洩の恐れがある機器へのガスの充填の禁止(継ぎ足し充填)など多岐にわたり義務が追加されました。

整備記録簿の概要

新規機器購入時に作成することとなります。(対象機器すべて)

機器設置工事の必要な関連機器は設置時に充填されたフロンの量はもとより設置後の漏洩点検の内容等も整備記録簿に記録します。            (施工業者より必要書類を入手後記載) ※業者=十分な知見の有する者

機器の修理の際には内容及びフロンの流れが記録されます。         (整備者より必要書類を入手後記載) ※業者=十分な知見を有する者

 

対象機器:家電リサイクル法に 含まれない 第一種特定フロン使用機器 一般家庭でご利用の機器も対象となります。
 

医療機関、工場、研究機関等で多くの対応機器が利用されております。 

意外な対象機器                                             卓上型ウオータークーラーや今急増中のウオーターサーバーの中にも対象の機器がございます。 除湿機等も対象となりますので注意が必要です。

回収業務:(工程管理票は 改正後推奨版で行います)

.侫蹈鷁鷦機器の下見 (フロンの種類等の確認

▲侫蹈鷁鷦作業
 作業写真、回収済みシールの発行

2鷦済みフロンの破壊

フロン回収報告書の作成                                                                                      

 27年度以降は報告書の内容が改正前とは大きく異なります。
 (報告書は3年間保管の義務を負います)

※フロン回収完了後の機器は、産業廃棄物の扱いとなりますので        廃棄の場合は御契約の産業廃棄物収集運搬業者へ、販売の場合は中古部品会社様へ引き取りをご依頼ください。

サービス 27年度改正フロン法 関連業務               (対象機器の調査 ・ 点検 ・ 整備記録簿作成支援)
   

弊社では 空調機以外の 第一種特定フロン機器
多くの病院、工場、研究機関等で使用されている機器に対して
下記の支援業務を行っております。

※ 調査点検及び帳簿作成支援業務の内容

 

仝従貭敢此                                    ‖仂鬱ヾ鏥擇啾仂櫃箸覆蠅Δ覿欧譴里△覽ヾ錣粒稜Ш邏箸鮃圓い泙絞声卞伴のノウハウで細かく確認してゆきます。

¬椹襪砲茲覺憤彭生 閉敢困虜櫃帽圓い泙后

D敢沙駑舛亡陲鼎 機器の仕様確認作業及び備品番号確認等               (この作業の結果をもって初めて対象外の機器を特定できます)

さヾ錣寮瀉崗貊蠹が明確な機器管理番号の発行

さヾ鐇鞍記録簿の作成(電子化に対応可能な基本仕様で作成)

ジ従貂邏函糞ヾ鑠茲傍ヾ鏨浜番号の管理シールの発行貼り付け)

Φヾ鏨浜番号で管理可能な機器簡易点記録簿の発行

Т浜機器一覧表の作成

サービス その他
    _氾泥螢汽ぅル

岐阜市ごみ証紙売りさばき人

E典す事等 各種工事

ぅ札ュリティのご提案(監視カメラ等)

ゾ霾麒欷邊慙◆塀斗弉餤張董璽弋し)

ぐ稻‥吐噺〆等
サービス ドローン事業部 
    ひらめきでドローンの可能性を探り、社会貢献をめざします。

ドローン講習は、訓練体験スキルの高い
            弊社へお気軽にお問合せください。


DJI製 ドローン 整備
  Phantom 3 Pro
  Phantom 4
  Mavic Pro
  Inspire 2 

国土交通省許可 国空第6858号 国空機第6339号
        許可の内容は下記のとおり

飛行の目的
       ・ 空撮
       ・ 環境調査
       ・ 設備メンテナンス
       ・ インフラ点検・保守
       ・ 事故・災害対応等
       ・ その他(ドローン講習)

飛行の経路 
       ・ 全国 (緊急時支援に対応)

飛行の高度
       ・ 地表から150m未満の飛行

飛行禁止空域の飛行
       ・ 人又は家屋の密集している地域の上空の飛行

許可の特記事項
       ・ 夜間飛行
       ・ 目視外飛行
       ・ 人又は物件から30m以上の距離が
         確保できない飛行
       ・ 催し場所上空の飛行

 上記の飛行において ※航空局標準マニュアルを使用する。 

サービス
   
サービス
サービス
 
サービス

情報機器 情報保護管理業務 とは?

サービス

27年度改正フロン法 関連業務(フロン回収) 

 

企業、官公庁、病院、教育機関むけサービス

マイナンバー等個人情報取り扱いの             機器は弊社におまかせください

概要:情報保護法、特許データ流出に関して
企業、施設等でご利用の情報機器の廃棄、下取に際し
情報漏えい防止と合わせ法令順守を重要と考慮されるお客様のお手伝いをさせていただきます。

※本業務は廃掃法とリサイクル法の2法を順守し行います。よって、マニフェストは発行されますが、廃棄物の排出量からは削減される内容となります。


対象情報関連機器

.灰鵐團紂璽拭偲

表示装置等

6般獲僖廛螢鵐拭次∧9腟 ∧写機等

ぐ緡典ヾ鐇御関連PC等

ゼУぅ瓮妊ア等

ε渡探 ■藤腺愿


作業内容

ゝヾ錣硫叱、打ち合わせ
(回収機器の数量の把握、契約等)

機器の回収(数量等の再確認作業を含める)

リサイクルセンターは運搬、搬入

ぅ螢汽ぅルセンター作業管理(情報保護)
 内容:手作業による機器解体、         情報管理部位のパーツの破壊

ナ鷙霆颪虜鄒(マニフェストを含む報告書)

※大手PCメーカーリサイクルセンター様の御協力のもと業務を行っております。お客様からお預かりの管理品がリサイクルセンター内で他者からの搬入機器と混在しないよう管理されてゆきます。


ISO取得企業、官公庁、病院、教育機、研究機関向け サービス

概要:弊社業務
フロン回収破壊法にもとづき特定フロン類使用機器の廃棄及び廃棄下取りの際にフロンを回収するお手伝いに加え

改正後は、機器所有者様向けに改正の違いの御説明会や     機器の点検業務はもちろん、点検後のサポートも確実に行いますので煩雑な機器整備記録簿の作成及び管理業務も支援いたします。

概要:機器所有者

お客様の責務:フロン回収実施者は、フロン回収工程管理票を発行しフロンの回収を行わなければならない。その書類は3年間保管の義務を負う

改正後は、機器ごとに整備記録簿を備え、機器の点検業務、漏洩等の管理、漏洩の恐れがある機器へのガスの充填の禁止(継ぎ足し充填)など多岐にわたり義務が追加されました。

整備記録簿の概要

新規機器購入時に作成することとなります。(対象機器すべて)

機器設置工事の必要な関連機器は設置時に充填されたフロンの量はもとより設置後の漏洩点検の内容等も整備記録簿に記録します。            (施工業者より必要書類を入手後記載) ※業者=十分な知見の有する者

機器の修理の際には内容及びフロンの流れが記録されます。         (整備者より必要書類を入手後記載) ※業者=十分な知見を有する者

 

対象機器:家電リサイクル法に 含まれない 第一種特定フロン使用機器 一般家庭でご利用の機器も対象となります。
 

医療機関、工場、研究機関等で多くの対応機器が利用されております。 

意外な対象機器                                             卓上型ウオータークーラーや今急増中のウオーターサーバーの中にも対象の機器がございます。 除湿機等も対象となりますので注意が必要です。

回収業務:(工程管理票は 改正後推奨版で行います)

.侫蹈鷁鷦機器の下見 (フロンの種類等の確認

▲侫蹈鷁鷦作業
 作業写真、回収済みシールの発行

2鷦済みフロンの破壊

フロン回収報告書の作成                                                                                      

 27年度以降は報告書の内容が改正前とは大きく異なります。
 (報告書は3年間保管の義務を負います)

※フロン回収完了後の機器は、産業廃棄物の扱いとなりますので        廃棄の場合は御契約の産業廃棄物収集運搬業者へ、販売の場合は中古部品会社様へ引き取りをご依頼ください。

サービス 27年度改正フロン法 関連業務               (対象機器の調査 ・ 点検 ・ 整備記録簿作成支援) サービス その他
 

弊社では 空調機以外の 第一種特定フロン機器
多くの病院、工場、研究機関等で使用されている機器に対して
下記の支援業務を行っております。

※ 調査点検及び帳簿作成支援業務の内容

 

仝従貭敢此                                    ‖仂鬱ヾ鏥擇啾仂櫃箸覆蠅Δ覿欧譴里△覽ヾ錣粒稜Ш邏箸鮃圓い泙絞声卞伴のノウハウで細かく確認してゆきます。

¬椹襪砲茲覺憤彭生 閉敢困虜櫃帽圓い泙后

D敢沙駑舛亡陲鼎 機器の仕様確認作業及び備品番号確認等               (この作業の結果をもって初めて対象外の機器を特定できます)

さヾ錣寮瀉崗貊蠹が明確な機器管理番号の発行

さヾ鐇鞍記録簿の作成(電子化に対応可能な基本仕様で作成)

ジ従貂邏函糞ヾ鑠茲傍ヾ鏨浜番号の管理シールの発行貼り付け)

Φヾ鏨浜番号で管理可能な機器簡易点記録簿の発行

Т浜機器一覧表の作成

_氾泥螢汽ぅル

岐阜市ごみ証紙売りさばき人

E典す事等 各種工事

ぅ札ュリティのご提案(監視カメラ等)

ゾ霾麒欷邊慙◆塀斗弉餤張董璽弋し)

ぐ稻‥吐噺〆等
サービス ドローン事業部  サービス
 
ひらめきでドローンの可能性を探り、社会貢献をめざします。

ドローン講習は、訓練体験スキルの高い
            弊社へお気軽にお問合せください。


DJI製 ドローン 整備
  Phantom 3 Pro
  Phantom 4
  Mavic Pro
  Inspire 2 

国土交通省許可 国空第6858号 国空機第6339号
        許可の内容は下記のとおり

飛行の目的
       ・ 空撮
       ・ 環境調査
       ・ 設備メンテナンス
       ・ インフラ点検・保守
       ・ 事故・災害対応等
       ・ その他(ドローン講習)

飛行の経路 
       ・ 全国 (緊急時支援に対応)

飛行の高度
       ・ 地表から150m未満の飛行

飛行禁止空域の飛行
       ・ 人又は家屋の密集している地域の上空の飛行

許可の特記事項
       ・ 夜間飛行
       ・ 目視外飛行
       ・ 人又は物件から30m以上の距離が
         確保できない飛行
       ・ 催し場所上空の飛行

 上記の飛行において ※航空局標準マニュアルを使用する。 

Copyright (C) 2012 showatec Corporation